スイッチョンのカンガエルお絵描き教室

やさしい弟

 3人いる子供たちの中で、次男だけがいつも誰かと戦っている。お兄ちゃん、おかあちゃん、お友達、向かいの犬、時にはシャッターなど日々色んな物と戦っている。そんな次男が朝いなくなった。私が靴を履き三男をベビーカーに乗せている間に・・・。表に出て公園を覗いてもいない、先に保育園に行ったのか?急いで保育園に向かうが保育園にも来ていなかった。私は血の気が引き三男を先生に委ね、慌てて駆け出した。と入り口で出会ったお母さんに、小学校の方向かって走ってたよ!!と聞きとにかく走った。この道じゃない道を通っているのではないか?迷って泣いているのではないか?このまま会えなかったら・・・?嫌な事ばかりが頭をよぎった。学校の手前へついた時、入り口からシマシマの服が・・・おもちゃの銃を持って次男が立っていた。安心と同時になぜ?がおしよせた。どないしたん? 私の問いに次男は お兄ちゃんにこれ渡しに来てん!これあったら追っかけられてもやっつけられるから、渡したかってん。でも閉まってるねん学校・・・と悲しそうな顔をした。お兄ちゃんが何度も帰り道などでいやがらせされている話を彼は聞いていたのだ。そこで自分ができることをせいいっぱい考えてここまでやって来たのだとやっと気がついた。次男にありがとうと頭をなでて、手をつないで保育園に戻った。一人で何も言わず出かけるのはいけない事だと本人には強く叱ったけれど、本当はこの乱暴で心の優しい次男がたまらなくいとおしかった。



by 39-3960 | 2009-01-16 21:43 | 子供達

日々のこと
by 39-3960
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ありゃしまへん、盆も正月も。
from 築山ブログ有城

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧