スイッチョンのカンガエルお絵描き教室

「障害のある子どもに学ぶ」図工展

f0187976_1442739.jpg

長男が学校からもらってきたプリント、障害のある子どもに学ぶ 図工展の案内。どうしても見に行きたかった。朝、子ども達を送り出し早々に支度を済ませて出かけた。というのも午後には長男の授業参観があったので。
 天気が良く日差しもあたたかい。公園内を散歩したら気持ちがいいだろう。長居障害者スポーツセンターはそんなところにあった。会場は2F、スロープを上ると一面に色とりどりの作品が飾られていた。1枚1枚に作者のコメントもついている、実におもしろい。どの作品も画面いっぱいに描かれており、中には画用紙の先にまだ絵が続いてる様に感じるものもあった。絵の中にたくさんの言葉が詰まっていた。色の数の多さに驚いた。何より楽しく描いている事がとてもよく伝わって来た。私も子ども達とこんな作品づくりをして行きたいと感心させられた。  同じフロアーにある食堂の青年が ”おいしいですよ〜食べて行ってくださ〜い。”と声を掛けて来た。彼はおそらくダウン症だろう、くったくない笑顔で注文を受け、丁寧にラーメンを運んで来て ”おまたせしました〜熱いので気をつけて下さ〜い”とまた笑顔で対応してくれた。とても好感のもてる店員さんだった。ごちそうさまを言いセンターを出た私は、来たときよりもちょっと元気になっていた。



by 39-3960 | 2009-01-27 16:04

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ありゃしまへん、盆も正月も。
from 築山ブログ有城

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧